03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のみち 

超高齢社会。
今の日本を指し示す言葉です。

医療や科学の進歩に伴い、平均寿命は伸びました。

ここから下は私の考えですので悪しからず。


思うに、平均寿命が80歳を超えているということは異様でしかありません。
今、介護する側が高齢者(65歳以上)ということも珍しくありません。

勿論、良いこともあるけれど、悪いこともある。

個人的には、そこまで長く生きていたくはありません。
正直、50歳まで生きられれば、それで十分だと思います。その時点で120点を自分にあげたい。

27年もなんとか生きることができて、非常に満足しています。
他人から見たら、中身のないスカスカな人生かもしれない。
アウトドアなんて全くやらないし、人付合いもよくない。休日も家でチビチビ飲んでいるだけ。

それでも、自分としては満足なのです。

子どもが生まれてくるとしても、年老いて、子どもに迷惑をかけたくない。

以前も述べましたが、社会人になるまでに基本的にやりたいことはやれたと思うので、今は自分の中では余生なのです。

余生が30年以上あるというのは、違うかなと。

色々な想いはありますが、人生の折り返し地点は過ぎた、というスタンスで今後生きていこうと思います。

そうでないと、途方もない旅をしているようで気が滅入ってしまう。


死生観の一部の語りを終わります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reysol0515.blog6.fc2.com/tb.php/802-3cc0cb11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。